大切な一日を豊かに残すKODAK PORTRA 400作例レビュー

カラーネガフィルム13種類を比較 特徴と選び方解説 というこれまで使ってきたフィルムのまとめ記事を書きました。今回ははその中から豊かなトーンと発色が魅力で扱いやすい高感度フィルム「KODAK PORTRA400」について作例を多めにレビューしたいと思います◎ 

1 KODAK PORTRA400の特徴

PORTRA400はKODAK社のプロフェッショナル向けISO400のカラーネガフィルムです。PORTRAの名前の由来はPortrait(ポートレート)から来ているようで圧倒的なスキントーンの滑らかさと肌色の再現性があり、絶大な支持を得ているフィルムです。ISO400の高感度フィルムなので日中から夜まで、ポ ートレート・風景・旅行・アウトドアなど時間もシーンを選ばない撮影能力が魅力的です。ただし、日中で開放ポートレートを撮影したい場合は露出オーバーになるのでポートラ160の方が向いていると思います。

・日時、シーンを選ばずあらゆる撮影に対応
・圧倒的なスキントーンと美しい肌色の表現
・粒流感が少なめ
・ISO160/400のポートラがあり、色味を統一できる
・400はくせや濁りがなく透明感が際立つ
・お値段は少し高めのプロフェッショナルフィルム
・5本パックで販売(お店では1本バラ売りあり)

データシート -Kodakalaris

2 KODAK PORTRA400の作例

ポートラ400はすこし青みを感じる160と比べてもほとんどクセやシャドー部の濁りも少なく、すっきりとした描写にしあがる印象です。失敗したくないときはポートラ400を選ぶことが多いです。

ポートラは同じKODAKのISO400フィルムのULTRAMAXのようにコントラストが強くならず、発色もなめらかで透明感が出ます。

ポートラシリーズ(160/400)はフィルムの楽しみがぎゅっと濃縮されたような、本当にやさしく豊かな撮影体験が出来ます。特別な日、大切な人を撮るときにはぜひこのフィルムを使ってほしいと思います。大切なフィルムで撮影する時間は、お互いにとってかけがえのない思い出になるのではないでしょうか。

その他のおすすめフィルムについても作例をたくさんまとめておりますので、ぜひ写りの違いをみてみてください↓
【参考記事】カラーネガフィルム12種類を比較 特徴と選び方解説