【レビュー】Nikon ネックストラップ AN-4B あみひも製 安価でしなやかなシンプルで使い易い!

新しく入手したカメラ用にNikon ネックストラップ AN-4B黒色を購入しました。

 

 

このストラップは「あみひも製」というらしいのですが、あみひもが一体どういう製法を指し示しているかはわかりませんでした。現代のストラップと比較すると編み方が多少粗目に感じます。そのせいで心なしかレトロな雰囲気がありますが、デザインが非常にシンプルなため黒色で選ぶと現代のカメラにもマッチするミニマリズムを感じます。

 

僕は邪魔になるストラップが嫌いで、おそらく現在販売されている平タイプのストラップの中で一番しなやかで邪魔にならない>>VKO スリムネックストラップを多くのカメラで愛用しております。

今回は、昔から気になっていたVKOとほぼ同様のデザインで、かつ滑り止めラバーのついているニコンのAN-4Bをテストしてみました。

  

 

ニコンのAN-4B特徴は以下です。

・細めのデザイン(一番太いところでも約2.3cm)
・しなやか作り
・メーカーのロゴ表記が主張しないデザイン(黒色)
・ストラップ裏面に滑り止めラバー設定有り
・新品価格でも1000円程度で購入可能(2021年9月現在)

ストラップのしなやかさのおかげで、撮影で邪魔になりくいのはもちろん、カメラにぐるぐる巻きつけてバッグにしまってもストラップがそのものがかさばりにくいです。

 

Nikonロゴの印字はありますが全く目立ちません。

ストラップ裏面に滑り止めラバーの設定があります。かなり柔らかめのラバーです。
ネックストラップの名前の通り、首掛けや肩掛けで使用するとズレずに使いやすくカメラがぶらぶらしないので疲れにくい印象をうけました。

 

一方でこのストラップには注意点があります。

ストラップのエンド部に関しては1.2〜1.3cmほどで現代のストラップより1.5倍ほど太めです。
最新のデジタルカメラへの装着には一工夫が発生する可能性があります。

 

所有しているα7IIIではそのまま取り付けが難しそうでした。

 

今回はOLYMPUS PEN Fで使用したいので、三角のリング(VKOのストラップ付属品を利用)を準備して取り付けました。

 

フィルムカメラとのマッチングは抜群!かなりかっこよく使い勝手も◎

 

 

Nikonのカメラはもちろん、少し古めのデジカメやフィルムカメラを使っている方で、
しなやかで撮影や運搬の邪魔になりにくいストラップを探している方には「Nikon ネックストラップ AN-4B」かなり有望な選択肢だと思います。なかなか写真だと伝わりにくいですが、粗目の編み感のレトロなルックとシンプルなデザインがとてもGoodなのです!

 



カラーバリエーションもあります。

 

単純に現代のデジタル一眼やミラーレスにもそのまま問題なく取り付けができ、純粋にシンプルで邪魔にならないストラップをお探しの場合は、ほぼ同様の価格帯のVKOの方が「ペロッペロにしなやか」です。

 

 

参考記事)VKOスリムストラップレビュー https://from-exp.com/leica-cl-strap#VKO