ライカCLに合う、シンプルなスリムストラップ3本を購入比較しました。

こんにちは、

すっかりライカミノルタCLの不思議な魅力に引き込まれてしまった私です。機械式レンジファインダー、コンパクト、露出計有りというバランスが愛らしいカメラですね。

 

さて、今回は私がライカミノルタCL用に購入したストラップの比較の話。


ライカミノルタCLはストラップ装着部が平たい形状をしております。なかなかこの形状にマッチする余計なものがついていないシンプルなストラップが無いのです。民生品のみではなく、カメラ好きがつくる手芸品のストラップも見てみたのですが、どうも気合が入りすぎていて帯には短く襷には長い状態です。

 

僕がライカミノルタCLのストラップに求める条件は
✓スリムであること。(幅2.0cm以下)
✓軽量であること。
✓余分な装飾がなくシンプルであること。
✓カメラに巻きつけられるほど柔軟であること。

 

ライカミノルタCLの気軽な雰囲気にごつい現代的なストラップは似合いません。またストラップが主役になるような手のこんだ手芸品も僕の気分では有りませんでした。

【鉄板?】 ETSUMI クラシックレザーストラップIIアジャスター付き ブラック E-6739

他のライカミノルタCLユーザーの方は、平紐のみでシンプルな

ETSUMI ネックストラップ クラシックレザーストラップ 一眼レフ用 ブラック 本革 ETM-9758

を使用している方が多くこれが純正ストラップにも似て、非常にシンプルでとても良さげです。しかし、どうやら廃盤
私は後継品の余計なアジャスターがついたタイプを使用しておりました。これはアジャスターは余分という点を除けば、ほぼ理想形で、ストラップが邪魔にならず、主張が少なく、使用感もとても良く、4ヶ月ほど愛用しておりました。

 

 

 

しかし、耐久性に問題がありストラップの先がちぎれてしまったのです。(4ヶ月程度の使用)

これは私の個体がたまたま弱かった可能性もありますが、カメラを落とす可能性があると考えると再購入には少し不安が残ります。
他にもストラップを探し、候補を2つ購入しました。

【コスパ◎】 CANPIS  本革 手作り ネックストラップ CP008 ブラック

余分な装飾なしでデザインが非常にかっこよく、革の部分も2cm程度と細身のストラップです。質感がよければこれが本命。
革の質感がAmazon上ではうまく確認できず不安だったので実際に購入してみました。

実際に届いた実物を見ると革の質感は想像以上に素晴らしい!やすっぽさは全く感じません。
革部分は柔らかめではありますが、やはり革ならではの硬さを感じます。

ライカミノルタCLとのマッチングもとても良いです。

 

【傑作】 VKO スリムネックストラップ

ナイロン製のストラップで「安い」という部分が主な理由で購入してみました。

良い意味で期待を裏切られました。これは素晴らしいです!

ナイロン製のよくあるストラップなのですが、質感がイケています!
男らしい雰囲気がありながらめっちゃしなやか!!! ベルトの接続部の革の素材も良いです。

ライカミノルタCLに装着したらこんな感じです。

 

やはりストラップの幅が2.0cmまでの細いストラップがライカミノルタCLには良く似合います。
家電量販店で2.5cmのストラップをあわせてみましたが、ちょっと合わないと思いました。

本当にしなやかでグリグリボディに巻きつけてかばんに放り込むことができます。

このストラップは首にかけても素材の抵抗を感じず、カメラを持ってファインダーを覗き込む撮影ステップでもストラップの余計な存在感を感じさせません。私はこのストラップがほぼ理想形です!

 

 

3本のストラップの比較

紹介した3本のストラップを比較してみます。エツミのストラップが最も細くシンプルで使用感がエアリーで良いです。VKOも非常に柔らかいです。CANPISは革の質感は非常に良いですが、革部分は固めです。しっかり肩にかける感覚がほしい方には向いていると思います。

 

私は柔らかいストラップが好きなので、メインでVKOのストラップを使用します。

 

以上、ライカミノルタCL用ストラップ選びの参考になれば幸いです。