【wakaレンズフィルターレビュー】激安¥1000で買えるレンズガードを買ったら〇〇だった。

レンズフィルターのつけるつけないの議論はおいておくとして、私は必ず付ける派。

新しいレンズを購入すると新しいレンズフィルターが必要になる。今回私はポートレート向け隠れGレンズ>>SEL85F18をGETした。

これまではKenko,Marumi,Hakubaといったブランド品をいつもAmazonで3〜4000円ほどで購入していたが、

その横にレコメンドされているどうしても気になるレンズフィルターがあった、それは

 

お値段1,000円前後※で評価がとてもいい「Waka」社のレンズフィルターガードだ。

 

 

安価/激安な価格帯のレンズフィルターメーカーは「G○be」「Amaz○n ベーシック」「S○DIAL」その他などなど何社か存在するが、

どこも評価が結構辛口で、買っても使わなくなりゴミとなることが目に見えていたため手が伸びなかった。

 

「Waka」はその激安レンズフィルター郡の中でもぶっちぎりに評価が高い。これはマジなのか。。。。。?

 

という訳で「人柱精神」で安いしブログのネタにもなるしと実際に購入して試してみた。

※2018/06/30 67mmをアマゾン新品 999円で購入、2018/07/25現在は 新品1,049円

 

「Waka」は中国深センに拠点をおくInno Technologyのカメラ向けブランド

まず気になったのがどこのどんな会社なのか?という点。

 

<さくっと出品者情報からわかったこと>

・Inno Technology Japanが出品者

・ハードウェアの世界最新都市、中国深センに拠点あり

・レンズキャップやレインカバーといったカメラ向けのアイテムを出品している

 

<商品に同封されていた情報をたどったらわかったこと>

・FaceBookページ >>https://www.facebook.com/digitalwaka/

・やっぱり名前はInno Technology

・2010年設立 中国深セン

・「Waka」というブランドはDSLR≒一眼レフ に焦点を当てたブランド

・2015年からブランドスタート

・プレミアムのあるハイクオリティ商品を競合力のある価格で提供する

・今、消費者は世界中の製品を購入できるので、我々の製品を選んでくれるなら価値あるものにしたい。

 

企業理念のページを読んでいると「ハイクオリティ商品を競合力のある価格で提供する」といってぶっちぎりに安い価格で提供してくれているので、

好意的な感覚が湧いてきました。

 

では、肝心の商品はどうなのでしょう、、、、

 

Waka レンズフィルター MC UV フィルター 開封&使用レビュー

 

私が今回購入したのは67mmのフィルター
67mm レンズフィルター MC UV フィルター-ウルトラスリム16層多層加工 薄枠 紫外線保護 99% 透過率 Canon Nikon Sony対応

<商品特徴>

・16層多層加工光学フィルター

・透過率99%、従来のUVフィルターの透過率は90%

・多層加工ガラスブロックを採用、紫外線保護、薄霧除去

・ゴールデンラインあり、ウルトラスリムデザインでオシャレ(!?)
<スリムさに関して>

薄い!!めっちゃいい! 自分が手持ちのレンズガードの中で最も薄かった。

 

<デザインに関して>

ゴールドラインが結構目立つ レンズフードを装着すれば隠れてしまうのですが、

都度見えるたびに僕は気に食いません…。

ニコンなら良いかも?

<写りに関して>

これは問題ありません。99%透過率というのは本当だと思います。というか全然イイです!!

主観の官能的な評価になりますが、他の3〜4000円の日本ブランド品と比較しても遜色ナシ!

<防滴性能に関して>

めっちゃイイ!!おそらく新品だからでしょうか、他の製品と比較してもバリバリに水を弾いてくれました。

※自分が持っているレンズフィルターでの比較記事を作成予定ですのでお楽しみに!

 

まとめ Waka レンズフィルターは最高 ただしダサめ…

 

今回購入してみて性能面やスリムさに関しては本当に感嘆の出来栄えを感じた。

これが1,000円で買えるのか。。。と。実際に人柱になって使って試してみた結果、自信をもってオススメできると言える。

ゴールドラインは好みが分かれると思う。マジックで塗りつぶそうか検討中。

 

Wakaレンズフィルターは新品1000円前後で入手できる激安フィルター、でもスリムで性能もよく「最高」!!

ただし、ゴールドのラインはそれなりに目立つのでちょっと「ダサい!!!」

 

以上です。

 

 

 

【本ブログ記事の総まとめ】カメラとα7について知りたかったらコレ。ノウハウ・アイテム・レビューの全まとめ