SDカードをCFカードに変換するMATECH社アダプタtypeIを、FlashAirと5Dmark2でテスト!

こんにちは、5Dmark2をサブ機として購入しました。5DMark2は記録媒体がCFカードのみなので、また新しくわざわざCFカードとカードリーダーを揃えるのはおっくうです。そしてCFカードはSDカードに比べて価格が高いのでコストもかさみます。

 

SDカードをCFカードに変換するアダプタがあるようで、Amazon限定品として販売されているMATECH社アダプタtypeⅠをテストしてみました。

 

 

<結果>
・動作は問題なし、5DMark2で使用できました。
・書き込み速度(sRAW1+JpegSの設定)も連射しても特に動作に大きな不具合はなし
・無線LAN機能つきのSDカードと組み合わせるとスマホと連携でき非常に便利

 

趣味、お散歩用途、サブ機での運用では、MATECH社アダプタtypeⅠ(+FlashAir)はかなりおすすめです!!!

 

【Amazon.co.jp限定】MATECH WiFiSD/SDXC/SDHC/SDカード から CFカード TypeI

私が購入したのはType1 *後述)

実際の製品の外観です。

表面

裏面

精密機械感があります。仕上がりにはあまり安っぽさを感じず良い雰囲気です。MadeinTAIWANですが、パッケージなどはしっかりしているのでもしかして日本企画なのかな…?
★追記 MATECH(マテック)社は2016年に京都で設立されたクリエイティブとテクノロジーのベンチャー企業のようです!

 

SDカードを差し込みます。

 


このあたりから端子が接触しているしっかりめの抵抗を感じます。 

置くまで差し込むとここまで刺さります。
抜き差しがめちゃくちゃ硬い!!というレビューもありましたが、私が購入した個体ではとても良い挿抜感でした。対策がされたのかもしれません。

5DMark2に差し込み。

 

電源を入れカードをフォーマットして使用してみましたが、問題なく動作しました。便利ですね!

sRAW1+JpegSの設定で連射してみたところ9,10枚目あたりから書き込みBUSYになりましたが、使用しているSDカードそのものの性能限界だと思います。

通常に利用している限りはアダプターのデメリットを感じるシーンは少ないでしょう。

SDカードFlashAirは動作OK!旧機種+無線転送は便利でおすすめ。

私の使用している5DMark2は無線転送機能などありません。
ソニーα7なんかで撮ってすぐにさくさくスマホに転送することになれてしまっている自分には物足りなさが、、、、。

ということで無線Lan搭載のFlashAirを使用してみました。

SD→CFアダプター経由の5DMark2でも、FlashAirは問題なく動作、転送ができました!

 

とても便利なのでこの旧機種(CF)+無線転送対応SDカードの組み合わせはおすすめです!

Type1とType2の違い

CFカードの規格に、Type1とType2が存在します。違いは厚みType Iは3.3mmでType IIは5mm。
現在はほぼほぼType1が主流のようです。

 

参考)トラセンド社:コンパクトフラッシュカードのType IとType IIの違いは何ですか?

 

こちらのMATECH社のアダプターもType1(128GBまで対応)、Type2(64GBまで対応)が存在します。

Type2のほうが厚みがあるため、剛性感が高くSDカードの挿抜時にはカチッと音が出るタイプのようです。
一方で、CFカードのType2は使用ができないカメラも多く存在しています。例えば5Dは私の所有するMark2まではOKですが、Mark3以降は対応していません。また対応しているSDカード容量はType1のほうが大きいです。

 

私は、こういったアダプター製品は何度も買い直すものではなく、互換性こそが大事だと考えているのでより汎用性の高いType1を購入しました。製品を手にした感覚だと耐久性や仕上がりに関して不安を感じることはありませんでした。

 

と、いうわけで、

趣味、お散歩用途、サブ機での運用では、
MATECH社アダプタtypeⅠ(+FlashAir)はかなりおすすめです!!!

 

 

※注意点

業務や大切な撮影の場合は、アダプターではなく、きちんとしたCFカードを購入して撮影してください。

 

以上参考になれば嬉しいです。