マンガ「日本をゆっくり走ってみたよ」を読んだらまぁまぁ面白かった

いきなりで申し訳ないんだがこれはAmazon Prime限定ドラマじゃなくてマンガの話なんだ。うん。

 


Amazon Prime

なんか最近トゥイッターランドでしばしば「日本をゆっくり走ってみたよ」が流れてくるので気になってたんだね。で、いきようようとAmazonPrime立ち上げるとどうやら海外からは見れないという事が分かったよね。うん。

という訳で、マンガで買って見ました。

読んでみると、コレがまぁまぁ面白かった(まぁまぁは褒め言葉)なんとたった全2巻。

あらすじ

連載作品が終了し、ぽっかり時間が空いた、漫画家の吉本浩二先生は、日本一周バイクの旅に出た。全国にいる大学時代の友達、昔のアシスタントに会い、吉本さんの胸に去来するものは何か? しかし最大の理由は、忙しくてなかなか会えなかった憧れの女の子に会うためだった。彼女の住む宇都宮にて、吉本さんは誓う。「日本一周して強い男になって、彼女に告白する!」彼女に読まれたらヤバい旅先の話まで赤裸々につづる、すべて実話の旅日記

第2巻では、沖縄からひらすら北を目指します。途中で寄った実家の富山で起きた大事件が、吉本さんの旅に大きな影響を与えます。そして旅を終え、Eさんの住む宇都宮へ。吉本さんの想いは届くのか? 大注目の完結編です。(アマゾンあらすじより)

 

うん。

長いので、まとめると

 


35歳、、もう俺はだめだ…。そうだ…「日本一周」をしたらBIGになれる気がする!
そしたら、、、そしたら、この淡い恋心をずっと憧れのあのコに伝えられるかもしれねぇ!

もう、いくしかねぇ!エイっ!!!!
「中年臭さ100%☆遅れてきた性春ラブ・コメディー!」


 

まぁまぁ面白いところ

どこが面白いって超リアル。

マンガとかって、やっぱり盛り上がりとか落としどころがあるはずなんでよ。

 

「左手はそえるだけ、」 … シュパッ!!

 

みたいな。

そんなの一切ない。

 

まぁ良いんですけど、なにがあれって、

風俗にいって抜きまくりよるんすわ、コイツ。

東京→名古屋→大阪→四国→神戸→岡山→沖縄みたいな旅路なんですが、

旅に出たての名古屋、栄の風俗街でいきなりムラムラ。
なんとかEさんの顔を思いだして「Eさ〜〜〜ん!!!」と我慢してたんですね。

そんなところ行かなきゃいいのに、大阪の飛田新地もちゃっかり観光して、やっぱりムラムラ。
フェリーに乗り遅れそうになり間★一髪

四国を一周して、あろうことか神戸で合流した友人と“ファッションヘルスのりのり天国”イッパツを企てるもタイミングよく友人の親が家に来てまた間★一髪セーフ

が、結局、岡山の“癒やしのエステ★マジックハンド”に吸い込まれ「でーれー飛んだね」

吹っ切れたのか、日常生活で怖いことがある度に「Eさ〜〜〜〜ん!!」叫びまくりで

沖縄あたりからナチュラルに風俗に行きだす始末。

そこをリアルに書かれても。。。(まぁ気持ちはわかるけど)というツッコミは置いておいて

 

旅で起きること経験すること、思うこと。が全部すっげぇリアルなんですよね。うん。

・35歳でいきなり日本一周して自分を変えようという発想とか
俺は、ま、まだ、もしかしたら変われるかもしれない!みたいな希望みんなありますよね?

・バイクにジェベル選ぶあたりのセンスとか(ジェベルはいいバイクです)

・日本一周みたいなロングツーリングの、テント泊の不快さ、怖さの描写とか

・日本の観光名所のあ〜ここ行くよね。みたいなのとか。

・合コンで自分語りしすぎてドン引きされる雰囲気とか

・一緒に走ろうといってくれた人の好意を断れずに
自分のペースで行動できなくて病んだりする人間の弱さとか

・実家変えるとお父ちゃんが浮気してブチ切れるオカンの表情とか

 

人間くさくて、リアルすぎ。いい意味で夢がない。

 

で、感動(?)のエンディング。

 

あらすじに有るように、この旅は「日本一周をしてBIGになってEさんに告白するという」クライマックスがこの物語の中核なんですね。

で、“約束の地 宇都宮”にもどってきてイザ、Eさんを目の前にする。。。。

これ以上はネタバレなので言いませんが、

プライベート・ライアンの腰抜けアパムを思い出しました。

 

わかるよ、わかる。その気持ち非モテな僕たちには痛いほどわかるんだ…。

でも、だが、あえて、

 

「うぉーーーーい!アパーム!アパーム!」って叫びたくなる。

 

まぁ人間なんて、男なんて、こんなもんですわ。はい。

 

 

※余談ですが、このマンガは実話ベースで、
最後にモデルになったEさん実物マンガ書いた本人が対談するんですね。
そこがもう、ほんとにリアル過ぎて一番おもしろい所でした。

「え、Eさんそれいっちゃうの?w」みたいな

 

暇な時にゆる〜く読む分にはまぁまぁじゃなくて結構オススメです。では〜〜。