【最新】2018年YAMAHA YZ450F 他モトクロス/クロスカントリーモデルについてまとめる

Pocket

新型YZ450F(2018)発売

新型YZ450FがUSで発表されたようなので特徴をまとめてみる。
https://www.yamahamotorsports.com/motocross/models/2018/yz450f

画像 ヤマハUS(上記URL)より引用

超絶私見

・なんといってもモトクロスモデルでリチウムイオンセルスターターの正式採用が目玉であろう。来年以降は正式にFXもリチウムイオン化か。
・驚きはピストンの軽量化である。高速で慣性をもち反復運動するピストンにおいて−6gの軽量化というのは凄まじい。ダイレクトにドライバビリティ、エンジンフィーリングの向上に寄与するだろう。
・圧縮比を高めてよく回るエンジン、さらにハイカム採用ということでよりかなりパワーを求めた路線に感じる。
・YZ250FX(17)あたりでたしかレブリミットが16500あたり(失念した)なのでレブリミットは18000に近づくのでは?
・現行のYZでも車体の剛性感、路面からのインフォメーションはかなり良い印象であった。これが完全新規設計のフレーム でこれ以上どこまで変わるのであろうか。
・後方排気を採用したこれまでのYZはタンクやシュラウドのレイアウトに制約があるためか身体と触れるインターフェースとしてのバイク形状がいまいち(太い)であった。かなり細くデザインし直おされ、またがる時にどんなフィールを感じるか楽しみだ。
・青リムとグラフィックなんかダサくない?
・とうとうメーカー謹製バイクとスマホがつながる時代か。
・YZ450Fはフラッグシップモデルであるので、来年以降のED/XCモデルへ同様の特徴が採用されるだろう。
(今年は他のMX/XCモデルに大きな変更がなく少し残念。基本的にフルモデルチェンジは2年に一回のペースの模様)

キーフィーチャー

・リチウムイオンバッテリーによるセルスターター採用(キック廃止)
・スマートフォンからマッピング調整可能
・フレーム完全新規設計
・フロント、リアサスペンションとも内部変更
・エアボックス、シート、タンク、外装ともスリムになる方向に変更

 

エンジン完全新規設計

前方吸気→後方排気のレイアウトは踏襲されるが
17モデルに比べの2°前傾しレイアウトされている模様

クランクケース

・クランクシャフトも変更
・トランスミッションギアのかみ合わせ面積拡大
・より硬度なプレッシャープレート採用
・シフトレバー、シフトセレクタードラムも変更

→耐久性とシフト操作感覚の向上が目的か

ブリッジボックス構造採用ピストン

・圧縮比を17モデルの12.5:1から12.8:1へ
・ピストン単体で6gの軽量化
・ピストントップの厚さを2.3mm減少
・フリクション軽減のためピストンピンへDLCコーティング

→更なるハイパワー×高回転化

シリンダーヘッド

・ストレートインテーク採用
・17モデルよりハイカム採用(INTAKE+0.5mm/ EXHAUST +0.4mm)

インジェクタースロットルボディ

・17モデルのケイヒン製より12%軽量のミクニ製44mmスロットルボディ採用
・プッシュノブ式のコールドスターター採用
(スロットルオフにすると自動で解除される機構を採用している)

セルスターター

・小型セルモーター採用
・ リチウムイオンバッテリー採用(重さ1.5 pound=680g)

フレーム

・アッパーフレームの剛性を考慮した完全新規設計バイラテラルフレーム
・フレームは大きく平べったい長方形のアルミ部材を採用し剛性感と路面感覚の向上を目指した。

エアボックス

・シュラウドとエアボックスを組み合わせることでエアダクトが形作られるデザインとした
・ファスナーは1つに(17までは3つ)

フューエルタンク〜シート

・タンクの前方で16mm細い形状へ
容量は1.9ガロン→1.6ガロン (7.2l→6lへ)
・シートは最大1.8ミリ細く

ラジエター

細くなる方向へ取り付け変更

フォーク

・内部構造の変更を伴う最適化を実施
ピストンの口径や、ミッドスピードスプリングをバネ式から板バネ式へ

 

その他モトクロス、クロスカントリーモデル

WR250F/450Fは共に変更が加えられたようだが、

そのほかのモトクロッサー、クロスカントリーモデルは ・青リム採用 ・ニューグラフィック ・一部採用タイヤ変更 程度で昨年と大きな変更無いようだ。

以上

Pocket