【グッズ・アクセサリー9点】ソニーα7ユーザーにオススメしたい必須&便利アイテム

Pocket

こんにちは

SONYのα7のユーザーになってはや半年が過ぎようとしております。

この半年間で地球数周分、アジア、ヨーロッパ、中近東、北米、南米での撮影と結構ハードにソニーのα7を使い倒して来ました。

 

まだまだ短い期間ですが、その経験から、

これは「必須」「オススメ」「便利」と感じたアイテム9点まとめたいと思います。

 

 

特に、ソニーのα7はフルサイズセンサーを搭載しながら、軽くコンパクトで旅の用途には最高に適しております。

そして私自身もバックパッカー、オフロードバイク乗りという思考とバックグラウンドをもつ人間ですので、

旅や山登り、アクティビティが好きな方には特に参考にしていただけるのでは?と思います。

 

では早速。

 

絶対必須!予備電池+バッテリーチャージャー

 

α7シリーズはバッテリーが持ちません。

そこまで気になるほどではないですが、しっかり撮影しているとバッテリー一つでは絶対に1日もちません。

これは、写真家の佐藤健寿さんもおっしゃってました。

>>奇怪遺産・佐藤健寿さんのセミナーを聞いてきた

 

ですので、α7ユーザーは必ず予備バッテリーが必要になります。

オススメはこちらです。

 

 

 

 

バッテリーの能力、品質は純正と全く遜色なく(この製品に関しては私自身が、全世界の標高-420m~4000m 温度−15℃〜40℃で動作確認済みです。)

また3つもっていれば撮影時に電池が足りなくなった事はありません。

 

動作確認していることも一つのオススメの理由ですが、

もう一点大切なポイント。

 

チャージャーが「卵型で他の製品とくらべてコンパクト」

結果的にパッキングしたときにかさ張らないのです。

 

※α7Riii,α7ⅲの方はバッテリーが>>NP-FZ100 に変更になっておりますので要注意!

まだ、こちらには中華バッテリーは無いようです。

 

 

α7に絶対オススメ!防水カメラバック

 

この【軽量×防水×クッション】カメラバッグが最高にイイです。

モンベルという「アウトドアブランドが出しているカメラバック」になります。

どれだけ家電用品店を回っても同様のコンセプトの製品はありません!!

 

ホコリや濡れ、衝撃からカメラ機材などを保護する防水バッグです。出し入れ口を3回折り返してバックルで留める仕様で、さらに縫い目にはシームテープ処理を施すことで防水性を高めています。

 

バックパッカーや登山など過酷な環境でαを使われる方に声を大にオススメしたい。

 

実はこのカメラバック、カメラケースとしてはもちろん、その名のとおり防水バックとして使うことができます。

 

私も旅行でイグアスの滝にいった時、リオデジャネイロで突然の大雨のに打たれたときに、

カメラと一緒に、財布パスポートなどの貴重品類を全てを、このバックにしまうことで水に濡れから防げました。

 

海、山、川のアクティビティニストにぴったり!もちろん砂も防げますよ。

日本で普通につかっていても、
雨の中を歩いていてリュックが滲みて中のモノがぬれることが心配になるシチュエーションや、
カバンのなかでペットボトルが暴発(笑)しているときもありましたが、この防水バックはこころ強い。

またオレンジ色なのでリュックの中から発見し易いです。(地味にありがたい。)

 

1品2役。この防水カメラバックを使っている安心感はすさまじいです。超オススメ!!

 

 

※なお、バック自体は2Lでコンパクトに見えるのですが、SEL24105Gのズームレンズを付けたまま全く問題なく余裕で収納できます!

 

 

 

α7にオススメのSDカードはSanDisk サンディスク Extreme Pro 64GB

 

のちほどにも書きますが、私はRAWで撮影しております。

(最初の数ヶ月はJpegで撮影しておりました。)

何が言いたいかというと皆さんにも出来るだけ速い段階からRAWでの撮影をオススメします。

理由は

・写真を”資産”として残すため

・現像技術=”表現力”な時代なため

・上達速度が”早く”なるため

 

で、SDカードの話。RAWで撮影すると、一枚あたりのサイズが

私が選んでいる圧縮RAWでも20MB非圧縮RAWにいたっては80MBもあります。(一体どうやって管理するんやw)

 

ここで重要になってくるのが、SDカードの書き込み、読み出しスピード。

 

私のオススメのSDカードは「SanDisk サンディスク Extreme Pro」です。

・読取り速度: 最大95MB/秒1
・書込み速度: 最大90MB/秒1
・スピードクラス: C10、 U3
・カードタイプ: SDXC

このSDカードはかなり高速で撮影時、読み込み時もストレスフリー。

 

そして、特筆すべきは耐久性能

 

Extreme Proという名の通り実際に

全世界の標高-420m~4000m 温度−15℃〜40℃のハードな利用環境下でも抜群の信頼性を発揮してくれました。

 

◆標高−420m イスラエル死海◆

◆標高4000m マレーシア・キナバル山◆

◆温度 ー15℃ NY◆

◆温度 40℃ ブラジル リオデジャネイロ◆

 

自分がつかいこんだ経験から信頼できるので、僕はこのSDカードをオススメしたいです!

 

 

容量に関しては64GBでもRAWだと2000枚ほどなので、撮ろうとした時に一杯になってしまいがち。。
(Jpegしか撮る予定がないなら64GBで十分過ぎですよ!)

枚数はできれば2枚用意したいところですが、ボディとレンズを買った時にSDに2枚も購入するのは大変です。

 

そこで、まずは値段も手頃で容量も十分な64GBを一枚購入し、様子をみて2枚めを64GBか128GBで揃えればよいと思います。

 

 

 

 

 

なおPCにデータ移行する際のSDカードリーダーは↓がオススメです。

>>旅行はHDD/Micro-SD?次世代TRAVELER的、大容量記憶媒体の考察

 

ハンドリングが楽に!クイックリリース PeakDesign  アンカーリンクス AL-3

ストラップを取外しができるようになるリンクです。

ブログなどを見ていてもα7を使っている方の多くの方はこれを使っている方が驚くべきほど多い!

 

<ストラップを取り外せるメリット>

・結婚式など卓上においておきたいとき(ストラップ邪魔)

・三脚撮影の時(風で揺れる)

・テーブルフォトやブツ撮りをするとき(ストラップがスープに沈む、ベスト・ショットに映り込む)

・カバンから頻繁に出し入れしたいとき(国内外旅行と問わず、わたしは平日もカメラもちあるく機会が多いです。)

・ずっと肩掛けしていて肩が痛くなってきたとき

詳しくは↓の記事を読んでいただけると嬉しいです。

 

 

 

 

海外旅行に取り外せるカメラストラップピークデザイン アンカーリンクスがオススメ

 

旅行向け超軽量コンパクト三脚 Manfrotto POCKET L MP3-BK

 

せっかくの軽量×フルサイズのα7なので、気軽に持ち運んででバッチリ撮りたい。

この超軽量の三脚があると撮影シーンがめちゃくちゃ広がります。

 

旅行向け超軽量コンパクト三脚 Manfrotto POCKET L MP3-BK

 

スナッパー向け限定! 紐付き レンズキャップ

 

海外旅行にレンズ一本しか持っていかないような

単焦点一本でスナップショットメインの方はこのレンズキャップがオススメです。

あるあるだと思いますが、写真を取るたびにレンズキャップが転がって汚れたり、拾う手間にものすごいイライラしているのがこの紐付きキャップで解消されました。

α7のユーザーが一最初に手に入れそうな単焦点、SEL50F18とSEL55F18Zはどちらもこの49mmです。

そしてお値段なんと198円…

 

レンズガードはあったほうがいい

レンズガードは使う派、使わない派に分かれると思う。

僕はまだ経験ありませんが、落としてしまいレンズガードだけ割れて一命をとりとめた人を実際に知っています。

画質の劣化も全く気になりませんし、雨などで濡れてしまっても気にせずゴシゴシふけるので、つけることをオススメします!

そしてあまり良くないかもですが、ガードがあるとレンズキャップを付けないままカバンにポ〜ンと突っ込んだりできるようになります。

 

僕がSEL55F18Zで使っているのは、

こちらの有名メーカーHAKUBAのコスパ最強レンズガード

 

液晶ガードは専用品を買おう

 

液晶ガードもあった方がいいです。

使いだすと分かりますが、カメラは「手に持って振り回す実用道具」なので結構ハードに使います。

専用品を買いましょう。

 

 

アドビ フォトプランでRAW現像をしよう。

 

 

https://www.adobe.com/jp/creativecloud/plans.html?promoid=6NCS7DGT&mv=other

 

私はCCもクラシックCCもPhotoShopも使えるフォトプラン(20GB)を選んでいます。

 

フルサイズ機に乗り換えたなら、出来るだけ速い段階からRAWでの撮影をオススメします。

Jpegで撮ると管理も含めて楽なんですが、、、、腕を磨きたいとおもっている場合は是非RAWで!

(僕自身がjpegでとってしまっていてすこし後悔している所です…。)

 

理由は

・写真を”資産”として残すため

・現像技術=”表現力”な時代なため

・上達速度が”早く”なるため

 

→写真を現像する過程で自分の写真を穴が空くほど見つめます。

結果として撮影現場の主観から離れた、客観的な視点を持つことができて上手くなります。

 

 

 

 

以上

少しでもご参考になれば嬉しいです。

よいα7ライフを!

 

Pocket