【比較】SEL50F14ZとSIGMA 50mm F1.4 DG HSM|Artとの比較点はサイズ感

 

>>SEL50F14Zのレビューの記事からの続きになります。

 

Planar T* FE 50mm F1.4 ZA(SEL50F14Z)と必ず比較対象にあがるのが、SIGMA 50mm F1.4 DG HSM|Artだと思います。

 

【SEL50F14Zレビュー】Planar T* FE 50mm F1.4 ZAは感性を磨くレンズ。

 

※まず最初にお伝えしておきたいのですが、私はSIGMAの50mmレンズを所有しておりません、購入にあたって比較検討し私がSEL50F14Zを選択した理由のまとめとして記事を作成しております。

SIGMA 50mm F1.4 DG HSM|Artとの比較点はサイズ感

私自身もネットの広大な海から作例をみてはああでもない、こうでもないと思考をめぐらせ、実際に某家電量販店に自分のボディを持っていき、店員さんにお願いしてそれぞれのレンズを試し撮りし、画像を家で確認したりかなり比較対象検討を行いました。10万円近いレンズなのでそのくらいのことは当たり前だと思います。

 

 

作例や試写してRAWデータをみつつ感じたことは

・SIGMAのほうが解像感とシャープ感は気持ち高い
・SONYのほうがボケは好み
・SIGMAのほうが5cm最短撮影距離が短い
・SONYには絞り環がある。

 

Artレンズを所有している方は同意いただけると思いますが、SIGMAのARTレンズの解像感は郡を抜いています。それでいて線が細く、シャープ。僕はこのシグマArtレンズの透明感のある描写が結構好きです。(SEL50F14Zが劣るという訳ではないです。)

 


>>Sigma Art 135mmで撮影した作例

 

SEL50F14Zで撮影

 

 

SIGMA 50mm Artの描写には完全に納得していながらもなお、更に値段が数段高いPlanar T* FE 50mm F1.4 ZA(SEL50F14Z)を買うと決めた理由は、実際にお店にいきボディに取り付け手に持ったときの「重さとサイズ感」です。

 

・SIGMAのほうが数センチ全長が前玉が長い。

・またソニーの778gに対し、SIGMA 910gと100g以上重い。

 

SIGMAの50mmは残念ながらもはや気軽に扱える範疇の大きさのレンズではありませんでした。 

重くて大きなレンズは駄目だ。ということはSIGMAの135mmを購入して痛感したことで、重いので利用頻度は非常に低いのですが、写りが本当にすばらしいので売りに出す気がおきず部屋のどす黒い巨大なオブジェか漬物石になってしまっているのです。

 

これは自分にとって本当に重要なことでいくら写りが飛び抜けていようと、持ち出すとき使おうと思うときに億劫になるレンズは明確に駄目なのです。

 

【購入前に良く考えて】魔のSIGMA 135mm F1.8 DG HSM | Art | SONY α7 Eマウント用レビュー

 

この記事では具体的な作例の比較ができずに申し訳ないのですが、重さと大きさという観点からそれぞれの50mmレンズを比較してみました。

 

レンズ選びの少しでも参考になればと思います。