ノルウェースタヴァンゲル/プレーケストーレン旅行記 〜天気が雨でも諦めないで編〜

Pocket

こんにちは、

2017年の8月半ばにノルウェーのスタヴァンゲルに弾丸で旅行して来ました。

目的は「死ぬまでに一度は訪れたい世界の名所」の第一位にも輝いた
リーセフィヨルドを見渡せる断崖絶壁、、、その名も

プレーケストーレン!!!

私に与えられたスタヴァンゲル滞在日数は1日!超弾丸です。

やはり気になるのが天気、せっかくはるばる物価のめちゃくちゃ高い北欧にまで来て何も見えなかったら涙の雨が降ります(笑)

で、日頃の行いがよかったのか、
気になるお天気予報はな、なんと向こう10日間オール雨!

これは精神的にきつかったです。

まぁここまできたら仕方ない。土砂降りだったら行くのやめよう。とおもってホテルにたどりついたのでした。

 

スタヴァンゲルのオススメホテル

ノルウェーって物価が信じられない位高いです。

水で300円位だったかな。滞在費を抑えようと思うと必然的に安いホテルを抑えなければ行けません。

いろんなホテルサイトをにらめっこしていると輝いて居たのが下の3っつ

一番安くて便利「ポップアップホステル」

>>ポップ アップ ホステル(Expedia)

多分スタバンゲルの便利な場所圏内でホステル的な安く4000円くらいでとまれるところはココがベストだと思います。ただしみんな狙うせいか予約が一杯なようです。僕もとまりたくて2,3日粘ったのですが駄目でした。滞在費を浮かせたい場合早めに予約しましょう。

キレイなホテルで一番便利クラリオンホテル

>>クラリオンホテル(Expedia)

多分街のホテルで一番便利です。なぜなら空港から出てるバスがホテルの目の前でとまってくれるから。
僕は夜半到着だったんですが、スタバンゲルはそこそこ田舎なので結構暗い中10分ほど歩く羽目になりました。寒い季節に、カップルでいくならココかな。。。

自分が泊まったシングルなのに安いLagårdsveien Guesthouse

>>Lagårdsveien Guesthouse (agoda)

僕がとまったのがこちら、本当はポップアップホテルが良かったがあいて無かった。
街の中心からは徒歩10分ほど、フェリーターミナルまでは13分っていってたけど15分位かかるかな。


オーナーは旅好きな40歳くらいのお兄さん。

いいなと思った点は、
・この値段でプライバシーの保護されたシングルなこと。
・無料の洗濯機と乾燥機があること(これは多分バックパッカーにはありがたいはず!)

微妙な点は
・現金支払のみと、
・びみょーに街から遠いこと
旅人も多いし、ポップアップが空いてなかったらここでよいんじゃないでしょうか。

プレーケストーレンの行き方・気をつけること3点

プレーケストーレンは、ノルウェーのスタバンゲルというちょっとこじんまりした街からフェリーとバス(2時間ほど)とトレッキング(1時間半ほど)でアクセスできます。

スタバンゲルまではオスロー空港(いままでいった中でトップクラスにオシャレで洗練されていた)から1時間ちょいの国内線でアクセスができます。

ちなみに夜行列車もあるようです。(僕はスケジュールがあわなかった。)

ちなみにスタバンゲルまでたどり着いたら、

あとは超簡単です。

朝、港に行くだけ。(笑)

そこでフェリーにのってバスに乗り換えて一気に登山口まで。

何も案ずることはありません!!が、、、

気をつけることその1 始発orその次の便に乗ること

始発が7時半か8時半なのでそれに乗りましょう。

時刻表はこちらをみてください。

Tide社HPより

北欧のくせに(勝手なイメージ笑)
webページの情報へのアクセスのユーザビリティが悪いですが、念のためリンク貼っておきます。

(フェリー会社時刻ページ)https://www.tide.no/en/travel/stavanger/preikestolen/
(PDF時刻表直リンク)http://fjords.tide.no/upload/pdf/2017/WEBRuter_Preikestolen_2017.pdf
毎年4〜10月で固定スケジュールのようです(2018年に行くはリンク2018にしたら直リンできるかも)

遅い便にのると登山道が渋滞します。

こんな感じ。

というわけで早くでましょう。

というわけで登山口にたどり着き、登山を開始した僕ですが、雨予報にもかかわらずなんとかプレーケストーレンまでたどりつくことができました。

別に登山が趣味というわけではないんですが、日本の富士山はもちろん、海外もヒマラヤとかスイスのグリンデルワルトとかなぜかいろいろなところをよじ登って来ました。

プレーケストーレンはそこまで体力的に厳しいコースではなく、ちょっとツライトレッキングという感じです。

ガチ装備はいらないかも。ぼくはいつもどおりコンバースのオールスターと次世代トラベラースラックス(スーツでも普段着でもつかえる服)でのぼってきました。

雨が降らないうちにたどり着きたく、結構急ぎ目で1時間ちょうどくらいだったとおもいます。

辿りついた瞬間に土砂降りの雨。

 

この日は結局30分〜1時間サイクルで雨がやんだり降ったりを繰り返していました。

多分山の天気なのでコロコロかわりやすいんだと思います。

 

やばすぎぃ〜〜〜

高所恐怖症なのでおそるおそるカメラだけ崖下600mを覗き込んでみました。

ここは本当に行く価値ありの絶景でした。

と、いうことで、

雨予報、当日スタバンゲルで実際に雨がふっていても時間がないならばチャレンジする価値はありだと思いますよ!

最悪、プレーケストーレンで1時間ほど晴れを待つという戦略もありかと。

僕の感覚だと1時間待てばなにかしら納得できる瞬間がきそうな天気だな。と感じました。

 

気をつけることその2 雨具(防寒具)は絶対もっていくこと!

という訳で、ド快晴の天気予報以外の場合、急に雨にふられる可能性があると思います。

そうなったらぶっちゃけかな〜〜〜〜りしんどいですよ。8月でしたが雨にうたれると死ぬほど寒かったです。

僕は最強バックパッカー戦闘服のノースフェイスのゴアテクスジャケット、ユニクロのウルトラライトダウン、折りたたみ傘のお陰でなんとか助かりました。

セブンイレブンで折りたたみ傘が1000円ほどで売ってます。

もしくは登山口で登山具のレンタル、ビニールヤッケのも購入も可能です。

また多少の食べ物と水も持っていきましょう。

では。

貴方の旅がすばらしいものになりますように。

 

Pocket

Commentsこの記事についたコメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA