マンガ「野良カメコのピラミッド」 がコスプレ撮影界隈をリアルに描写しすぎていてクソ面白い。

カメラ系の雑誌や書籍はいろいろと目を通すようにしているが、直近でぶっちぎりにおもしろ過ぎたのがだよねさんが著書の「野良カメコのピラミッド」というマンガ。あまりに面白すぎて、すでに4,5回は読み直している。

 

 

 

コスプレイヤーを頂点とし、そこに群がるきもカメコたちのピラミッドという構図でその特殊な界隈の生態系≒ヒエラルキーについて超絶リアルに取り扱っている。近年稀にみるドキュメンタリーマンガの傑作だ。

業界のリアルがエゲツなく描写されている

いい年をしたオタク風オジサマがカメコのピラミッドをのぼる過程を描く。

この界隈ではTwitterのフォロワー数が戦闘能力だ。東京ビッグサイトのコミケでの囲みのシーンの実態からはじまり。
高価なプロスペック機材を購入するのはあたりまえ、お菓子をくばったり血のにじむような有名コスプレイヤーの専属カメコになっても、指の一本ふれさせてもらえないカメコの悲しみ。
カメコはレイヤーとの「いいこと」を原動力に頑張る。ここでは「いいこと」と書いたが、本編ではそれはそれはくすっ苦笑いの♡なシーンが多々登場してくる。

ギクッとするほど気持ち悪いまでに「カメラマン心理」を知れる

かなしいまでに、被写体であるコスプレイヤーに群がる男の共通のサガが書かれている。

撮影を口実にしてやらしいこと使用としてくるカメコがたくさんいるのよ!

 
誤解しないで!美しい写真を撮るのが目的だからね。
 
LINE教えて。ところで彼氏いるの?

地味に超実践的な撮影技術・機材知識を学べる。 

驚くべきことにコスプレ撮影の現場での実例とわかりやすいマンガのイラストを踏まえてかなり実践的な撮影技術を学べる。

 

例えば、35mmのレンズと135mmのレンズによる描写の違いへの解説。…レンズの使い方がわかる必見の解説だ

 
”距離の差で他のカメコと差別化できるんですよ”
”ひとつめは「圧縮効果」 レイヤーの顔が広角レンズより小顔になります”
”ふたつめは「背景ボケ」” 背景にうつるオタクの顔をボケで無効化できます。

 

カメコのピラミッドをよじ登るには撮影技術、機材知識が命なのだ

僕は、このマンガを読んで初めて著書の だよねさん(@dayonesoudayone)を存じ上げたのだが、驚いたのが写真がうますぎるということだ。恐るべしコスプレ界隈(興味湧いた。)

 

カメラにハマっている人にはコスプレ撮影に興味なくても問答無用でオススメできる。マジで面白いので読んでみて!!!