ネパール旅行記 その4 カトマンズ編

Pocket

こんにちは。

今回はネパール旅行記最終編のパート4です。

ネパール旅行記

僕がネパールに惹かれ目指す理由とバックパッカー考察
僕がネパールを旅して感じた「人」と「地球」
①概要 日本出国〜ネパール入国
②エベレストトレッキング(カトマンズ→ルクラ→ナムチェ着)
③エベレストトレッキング(ナムチェ→ルクラ→カトマンズ)
④カトマンズ

1.パシュパティナート
2.ボダナート
3.カトマンズ市内
4.
ホテル トラベラーズ ホーム 私が泊まった日本人宿
5.
“NEPAL KUMARI” 日本人大学生が経営するお土産屋さん

期間

28日 日本発
29日 ネパールIN
30日 カトマンズ→ルクラ→エベレスト街道(モンジョ)
31日 モンジョ→ナムチェ
1日    ナムチェ→ルクラ
2日    ルクラ→カトマンズ
3日    カトマンズOUT
4日    日本帰国

前回

ネパール旅行記 その3 エベレストトレッキング(ナムチェ→ルクラ→カトマンズ)
こんにちは。今回はネパール旅行記のパート3です。ネパール旅行記僕がネパールに惹かれ目指す理由とバックパッカー考察僕がネパールを旅して感じた「人」と「地球」①概...

ルクラを飛び立ちカトマンズが近づいてきます。
カトマンズは本当に盆地ということがよくわかりますね!!

 

空港につき、そのままホテルに戻り市内観光する予定だったのですが、
たまたま便が一緒だったゆかさんとパシュパティナート→ボダナートと観光することになりました。(お声がけ頂きありがとうございました)

1.パシュパティナート

お寺の名前だそうです。
ガンジス川の支流で、輪廻転生を信じるヒンドゥー教徒にとっては聖なる川、
ここには火葬場が有ります。

私にとっては、ここを訪れたことは、ただ観光という側面ではなく、スティーブ・ジョブスが”Connecting the Dots”というように、点と点をつなぐ瞬間。つまり経験と経験をつなぐ時間となりました。

私は学生時代にインドのバラナシ(ガンジス川で 沐浴しているシーンが有名な場所)を訪れたことがあり、そこで見た、触った、味わった、感じたものは未だに私の人生にたいへん大きな影響を与えています。

そこで見たような風景、空気感が、
地球の地図で離れている違う国、この場所にもありました。

場所と場所は川の流れで繋がっているんだな。と。漠然とした納得感を感じるのです。

 

メインストリートにお土産屋さんがたくさんあり、ここだけでもとても楽しめるので、とてもオススメです。

あと猿がめちゃくちゃ多いです(笑)

火葬場

風船を売る親子

お昼ごちそうになった超フレンドリーなおっさん

ヨーグルトを配ってました。

2.ボダナート

ネパール最大のストゥーパがある場所です。最大という文言に惹かれて行きました。

ここは完全に出落ちで、ゆかさんと笑いました。

タクシーで入り口まで乗り付け5mすすむとこの風景でございます。

30分ほどうろちょろし、ホテルへ戻りました。

3.カトマンズ市内

散策します。

時間が無いとお嘆きの貴方も2〜3時間ぶらり歩きすれば、なんとなく楽しめて満足感が得られると思います。

地球の歩き方に乗っているモデルルートで歩きましたが、良かったですよ。

よくバンコクのカオサンみたいだ。との感想を見かけますが、私にとっては全く異なる街にしか思えません。

カオサンロードだと、ここ数年でにょきにょき生えたんだろうという店ばかりですが、カトマンズはここは数十年、もしかしたら数百年ここで商売をしているのだろう、そんな時間の流れを感じる景観、店舗が多いです。

地震の影響はまだ残り、裏路地などは工事をしていました。

このあとこの少年少女は台車の持ち主にブチ切れされます。
でも楽しそう。

ここのEDMガンガンテンションアゲアゲ↑↑ラッシー屋さん今までで一番美味しかったかも

チャイ屋さん

ダルバール広場の方は街の建造物自体が古く、なんとも言えない”異国の地で旅”をしてるという気分になります。

4.ホテル トラベラーズ ホーム 私が泊まった日本人宿

僕がカトマンズ、タメル地区で泊まったところは地球の歩き方で一番上に掲載されている”ホテル トラベラーズ ホーム” hotel travelers home という日本人宿です。とってもオススメ

①タメル地区のセンターに有る
②日本人宿泊客が多い
③スタッフのTHAPAさんが日本語上手
④日本人なら朝食無料
⑤トレッキング行く場合も荷物預かってくれる

よく”一人旅なのに日本人宿にとまるなんて(笑)”というバックパッカー似非上級者みたいな人居ますが、フル無視しましょう。

(少なくとも1泊目は)絶対に日本人宿を選んで、そこにとまりましょう。安全面、旅程、TIPS、旅人との交流、、、、旅は情報が全てです。

 

室内

トイレ

しっかりホットシャワーでました。

スタッフのみなさん。ありがとう!

5.”NEPAL KUMARI” 日本人大学生が経営するお土産屋さん

大学生のO本さんが経営する日本人による日本人のためのお土産屋さん@カトマンズです。

トラベラーズ ホームから徒歩1分の場所にあります。(場所は奥まった先に有りますが、今は看板が出ているのでわかりやすくなった模様)

ツイッターで絡ませて頂きお邪魔しました。

 

オーナーのツイッター
なんでも答えてくれると思いますよ(笑)

チョイスが本当にすばらしく、O本さんのネパール愛とセンスが伝わってくるお店で、本当にオススメです(・∀・)

タメル地区にいったらトラベラーズホーム泊まってnepal kamariにお邪魔しましょう。(笑)

 

ネパール編は以上です。

とってもいい国なので、ぜひ行ってみてください^^

では。

 

僕がネパールを旅して感じた「人」と「地球」
 僕はネパールで何を見たのか。一言で表現するなら 「人と地球の姿」です。 わずか一週間前、もう今では5000kmも西にある、ネパールという国にいました...

 

 

Pocket