★ドルガバ ライトブルーについて語りたい★ 偽物?匂い変わった?ドイツ製イタリア製?

Pocket

こんにちは

久しぶりに香水を購入しました。

男なのに香水をつけているなんて、色気づいちゃって気持ちわるい!汗くさいオトコがイイのよ!とおっしゃる方もいらっしゃるかもしれません。

正直、どうでもいいです。

私の理論を言わせていただくと香水は100%自分のために付けているからです。

今回ライトブルーの購入にあたり少し調べたので軽くまとめます。

 

私とライトブルーとの出会い

僕がど田舎の中学生時代に関心を寄せたのがスニーカー香水、びっくりするくらい集めました。
(現在はどちらもほとんどは処分してしまいました)

シュッっとする華美で都会的な匂いのする魔法の水、唯一制服でできるオシャレポイントのスニーカー、お小遣いで購入可能なその2つにかなりのめり込んでいました。

香水に関しては、ブルージーンスとかスカルプチャー、ライオンハートのような香水だと街のドラッグストアにも売っているのですが、ハイブランドのものはブルガリのプールオム位でなかなか置いてません。
そんな当時の僕の情報の全てだったのが、

フレグランスの香水で行こう!http://www5a.biglobe.ne.jp/~black/

こういったテキストサイト。膨大な好奇心の赴くままに、
ドコモのケータイでポチポチしたり、父のデスクトップPCを立ち上げ食いいるように見てました。

上記サイトにも記載がありますが、

(注意!)
このサイト自体からは
なにも香りません。(笑)

あたりまえですね。じゃあ私は何をしていたか?

文章を食い入るように読み込み、ひたすら匂いを想像していたのです。

文章から匂いを想像していたのです。

コンセプト
Dolce&Gabbana Light Blue: Dolce&Gabbana流の人生の逸楽と魅惑が凝縮されたエッセンス。センシュアルな地中海式ライフスタイルへの回帰を称揚します。さんさんと太陽の降りそそぐ夏の日々と夜の美しいきらめき。カラフルでフレッシュな香りは、そのフローラル&フルーティーなノートで、地中海式のセクシーなライフスタイルを表現します。
公式サイトより引用:http://www.dolcegabbana.jp/beauty/perfumes/women/light-blue/)

なんとむなしい行為でしょう。

田舎という隔離された空間にいるということは時として、少年の想像力を極限まで掻き立てるのです。
言ったことのない地中海の風景、空気…
想像するということ、それが楽しくて仕方ありませんでした。

年に数回、県庁所在地へ買い物に行く機会があり、デパートの香水売り場に行くのがとても楽しみでした。
自分の想像と、実際の匂いとの答え合わせをするのです。

ライトブルーをプシュッとした瞬間、雷にうたれたように腰が抜けたのです。

こ、これが、青(ライトブルー)の匂いなのか、、、。いままでのどんな香水よりも好きな香りがした。
僕が求めていたのはコレだ。
海、空、みずみずしいまでの青さと、さんさん輝く太陽、焼けた肌を撫でる乾いた地中海の空気。
それをつかまえて一気に凝縮した魔法が、この小さな瓶につまっているッ!
もうネットの乾いた文章の海を何かを求めてさまよう必要はない!

以来、僕はこのライトブルーの虜です。

※余談ですが、本来は女性向け、男女兼用としてアピールされておりますが、
未だかつてライトブルーを付けている女性にお会いしたことはありません。

ライトブルーの効能

そんなわけで、中学時代から10年以上この匂いと共に自分は生きてきました。

リフレッシュしたいとき/デートの時/気分が乗らないとき/お風呂上がり/旅先で心地の良い場所にいる時

いつもの爽やかな匂いが共にあり、ときにはいろいろな思い出がこの匂いを通して蘇るのです。

スティーブ・ジョブスの言葉をかりるならコネクティング・ドット。

人間には5つの感覚(視覚、味覚、嗅覚、触覚、聴覚)があります。

いつもこのライトブルー匂いが、点と点をつなぐ、時間と空間をつなぐ、時空を超え、重層化し、私の人生を繋いでいる。もはやライトブルーは僕の嗅覚、感性そのものです。

 

皆さんも自分だけのお気に入り、生涯を共に歩んでいく匂いを見つけられてはいかがでしょうか。

 

余談ではありますが、私の妹が読んでいた少女マンガ?のオトコが言っていたセリフを思いだします。

”香水はみんなが使っているような有名なものが一番だ。
ふと、この(ありふれた)匂いを嗅ぐだびに、女はオレを思い出さ無ければならないからな。フフフ…”

なるほど〜(笑)

匂い変わった?偽物の噂?ドイツ製イタリア製?

さてそんな私にとってテーマとも言えるライトブルーもだんだんと容量が心もとなくなり、
海外で購入すれば安くなるだろうと、旅行や出張のたびに空港の免税店をみるのですが、アジア・中東・欧州のどこに行っても50mlで6000円〜と高い!

やっぱりその場でスマホ比較すると、やはり日本のAmazonで表示されている値段がだいぶ安いのでした。

帰国し、やっと購入するべくAmazonをみていると、気になるレビューが。

 

・匂いが変わってる!
・出品されているもの偽物だから気をつけて!

 

偽物の可能性については
そもそもライトブルーの偽物が存在してるのか、
どういった流通経路か把握する術がありません。

気になり調べてみると、インポーターと原産国が切り替わった、もしくは混在していることは事実のようです
確かに前回購入時にアレ?匂いが変わった?と感じました。

 

・中学時代に入手した実家においているものを確認してもらうと
インポーターが「わかば株式会社」で原産国は「イタリア製」でした。

・今手元にあるものはどちらも「ブルーベル・ジャパン」がインポーターで原産国が「ドイツ製」です。

・今回購入したドイツ製ともう一本のドイツ製、どちらもインポーター原産国は同じですが、ビミョ〜〜〜〜に匂いが異なります。

どれも間違いなくライトブルーの匂いです。今回買ったものの方が匂いの継続は長いです。

・これは経年劣化なのか、匂いそのものの変化なのか私にはわかりません。

参考)生産国について http://bbs.kakaku.com/bbs/51801110035/SortID=20751034/

 

結局、入手にあたり私たち一般市民にできることは、
①高くても自分の安心のため免税店などで買う(ネットの1.5〜2倍位)
②安価でも信頼できるショップから購入する。
③思い出補正でヤフオク等で、原産国を確認し中古購入する。

つまり、自分の記憶の中にある意図したライトブルーを確実に入手するのは手間をかけても難しいかもしれない。

ぼくはライトブルーの変化を楽しみたいと思います。
結局、②を選択しAmazonで購入しました。(ばっちり正真正銘の“ライトブルー”が届きました!)
その際にマーケットプレイス出品者が出しているものではなく、
「この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。」と記載のあるAmazon自身が調達し、出品している以下のようなものが信頼性が高く、経済的で現実的ではないかと思います。

 

Pocket