【セルフガラスコーティング】iPhoneを裸で使いたいので自分でやってみた体験記

こんにちは。

 

やっぱりiphoneを裸でつかいたい!

でも、iphoneを落として画面が割れたり、角に傷がつくのは避けたい。

 

特にiphone8移行は背面もガラス製になっており割れてしまうと驚くような修理費が発生します。

 

ということで今流行り(?)のスマホのガラスコーティングをDIYでして見ました。

結果を先にいうとめっちゃ良さげです!!

 

ガラスコーティングは、表面をガラス質の被膜で覆ってしまうものです。
バイクや車に乗っている方は聞いたことのある言葉かもしれませんが、最近はそれをスマホにも施工し裸で使う人が増えつつあるようです。大きい駅の東急ハンズやロフトなどで5,000円ほどで施工が可能。

実際に(このガラコネタを仕入れた)友人が渋谷の東急ハンズで施工したものを触らしてもらったりしているうちに、自分のスマホでも試してみたくなりました!

 

<メリット>

・非常に強固なガラスコーティング層が形成されるので、落としても画面が割れにくい、傷がつきにくい
・iphoneを裸のままで使用してもコーティング無しよりも安心感がある。

<不安点>

・角の傷などには防御力が弱いと思われる。
・どこまで効果があるかまだ情報も少ない、あまり無いかも

スマホにはまぁ眉唾もんでしょう。と猜疑の目をむけつつ、どういった原理なのか気になったので調べてみました。

http://realcoating.pat-service.com/?page_id=150

実際に自分でスマホ用ガラスコーティング液を購入して施工しました。

そして、あれ、これコーティング材だけ買えば自分でできるのでは?

というこうとで我慢できなくなり買ったのがこちら。

 

本来はスマホ向けに(おそらく超高粗利で)販売されている液剤だけでなく、車やバイク向けコーティングの液剤まで調べあげて最強のガラコを施そうと思ったのですが、めんどくさくなり最も安価なものを入手しました。

液に関しても2液、3液を混ぜるタイプのものも存在するようなので、気になる方はいろいろ調べてみてください。
>>Amazon「スマホガラスコーティング」検索結果

 

内容物はこんな感じです。

まず、自分で用意しておいたOAシートでiPhoneを脱脂してきれいにします。
ここで徹底的にきれいにしておくことが重要だと感じました。でないと汚れがそのままコーティングされてしまいます。

液体をふりかけます。

 

伸ばします。

10分ほど乾かして付属のクロスで拭きあげる。

これを3〜4回繰り返します。

2回めくらいからスマホの触った感覚が変わり、ガラスコーティング層が形成されていることが実感できます!

しあがった状態。
私は角の部分を入念に施工しました。

  

 

やっぱりiPhoneを裸で使えるというのは最高ですね。

使用感としては、つるつるするなどのデメリットは感じません。汚れもつきにくくなり良い感じです。

 

数日で通常の保護フィルム程度の効果になり1週間かけてガラスフィルム程度の硬度になるようです。

液がまだ余っているので、重ねてコーティングしてみたいなと思います。

 

もし落としてしまった時は実際大丈夫だったらまたレビューしてみたいと思います。

では!