インド旅行記 〜弟がとった写真を勝手にまとめる〜

大学生の弟がインドに行ってきた。

僕が彼に会う度に「インドの魅力」をこれでもか!とプレゼンしていたら、とうとうインドにいってしまった。

つい先日の春休みに1ヶ月ほど、ダイジョウブかなと。

ちょっとだけ責任を感じながらも、まぁいいかな。と思っている。

 

なぜならインドは「行く」国じゃなくて「呼ばれる」国だからだ。

誰が死ぬほど魅力を伝えても行くことは出来ない。彼の運命だからだ。

 

その彼が撮った写真を勝手にまとめたい。

「餞別だ」といって万札を旅立つ彼に握らせたから、この位はいいだろう。多分。

 

いつも思う。お土産なんて買ってこなくていい。

自分の目で何を見て、自分のこころで何を感じたのか。それを自分の言葉で伝えてくれ。

それこそが最高のおみやげだと思う。