GodoxのXproとX1Tの比較でどっちが良い?僕がXproに乗り換えた理由。

こんにちは。

以前の記事では、XproとX1Tを比較してX1Tを購入した理由をまとめましたが、
結局Xproを再購入し「乗り換え」ることになりました。主な理由は「操作性」です。

 

本記事では、実際にどちらも仕事/プライベートで使用した私がX1TとXproを比較してそれぞれのメリット、デメリットをまとめたいと思います。

 

GODOXワイヤレスフラッシュトリガー X1-TSレビュー とX2-T,Xproとの比較

前回の記事では、それぞれの特徴を以下のようにまとめてます。

 

スタジオ撮影が多いなどシンクロターミナルと安さ重視 → X1T
機能性とコンパクトさ重視→ X2T
なにより快適な操作性重視→ Xpro

 

僕は最後までXpro-sと迷いました。そのProという名の通り上位機種です。グループボタンがあり、かつディスプレイも大きくインターフェイスの操作性に優れています。正直X1-Tの操作性は悪めです!もしいまの知識があって当時に戻るならXproを買うと思います。当時の私がX1-Tを選ぶ決め手となったのがPCケーブル(よくあるやつ)用のシンクロターミナルが付属していることです。そして上から覗き込むように操作しなくて良いこと、装着したときに少しコンパクトで値段が2千円ほど安い。

Xproはどうしても上方向に出っ張る形になるため、機材を振り回す私にとっては扱いづらく感じました。
特に私はモノブロックストロボなどでシンクロターミナルを使う場合が多いのですが、使用しているα7iiiにはシンクロターミナルが無いため別途アダプタを用意していますが、よく忘れてしまいます。笑

 

XproとX1Tの比較「大きさはXproが少しコンパクト」

ではそれぞれの本体のサイズ感を比較してみましょう。

手にもってわかるのがXproの方が一回りコンパクトということです。

ディスプレイの視認性もXproが良いです。

 ・X1Tはデジタル時計のような液晶文字に対し、Xproはスマホのような液晶表示です。
 ・バックライトの明るさが1段Xproのほうが明るいです。

前方から

横から、

Xproの注意点としては横の端子カバーがポロッと外れやすいです。
パーマセルなどで留めておくと良いでしょう。

スイッチ類は基本的に同じですね。

 

XproとX1Tのカメラ装着時比較 「X1Tのほうが邪魔にならない」

では、実際にカメラに装着して使用時の外観を比較します。
Xproは斜めになっているのです、X1Tの方が邪魔になりにくいと思います。

 

操作性は断然Xpro 特にGodoxの「ストロボと操作性が共通」している

確実にXproが優れていると断言できるのは以下3点です。

 

・視認性が非常に高い

・ストロボと操作性が共通しておりわかりやすい、ダイレクト感がある
・右手でカメラをホールドしたまま左手で操作が可能

 

上の比較でわかるように、Xproはカメラを右手でホールドしていても左手で操作が可能ですが、X1Tは右手で操作が必要です。時間がない現場ではかなりストレスを感じます。

 

最も重要な点が、Godoxのストロボ(写真は>>TT350Sと操作性が共通しています。

例えば
・TTLの露出補正もセットボタンを押し、ダイヤルをカリカリするだけ、

・ズーム照射角の切り替えもで同様の操作が可能

 

また、X1Tよりもワンボタン分すくなくダイレクトな操作が可能です。(X2Tは新規にチャネル選択ボタンが追加されているので、Xproと同様だと思います。)

 

これは、本当に助かります。正直X1Tではあたふたするシーンがかなりありました。

Godoxのストロボをお使いの方で、ワイヤレスライティングにチャレンジしたい方もXproなら同様の操作感でスムーズにトライができると思います。

 

 

 

結論は前回の記事と同様なのですが、一言付け加えると業務利用の方はXproを購入するほうが良いと実際にどちらも使用して感じました。

 

・スタジオ撮影が多いなどシンクロターミナルと安さ重視 → X1T
・機能性とコンパクトさ重視→ X2T
・なにより快適な操作性重視、仕事で使用する方→ Xpro

 

以上、参考になれば幸いです!