2018年に購入してマジでよかったモノ 13選

昨年に引き続き、2018年の振り返りがてら買ってよかったものについてまとめてみたいと思います。ブログもっている人の定番記事な「Best-buy」シリーズなんですが、正直言うと別に大して読まれるわけではありません。しかし毎年積み重ねていくこと、モノを通じて年を振り返る気持ちよさがあるから、ブログ書きの人はみな書きたくなるのだと感じる年の瀬でございます。

 

て、2018年はどのような年だったか。人はだれしも「より心地良く、健康的、精神的に充足した住みよい生活」を求めるかと思いますが、私もご多分に漏れず自分の理想の生活を求め続けた年でありました。人間の生活は衣食住という要素で分化できるようですが、私にとっての2018年は「食」の変化の年だったと感じます。水、口にするものが大きく変わったな。と。2017年は「衣」でした。

 

昨年はアマゾンだけの数字で言うと196件の買い物をしているようです。(ギョッ)
一年を通して買い物したモノの中から理想の生活を実現するために、本当に自信を持って皆さんにオススメできるプロダクトを13選お伝えしたいと思います。

 

では、本題。

蛇口直結型浄水器 クリンスイ

なんだかんだでこの浄水器の導入が相当QoLを底上げしました。1,666円(注:2019年1月3日時点でのAmazonでの新品価格です。)で自分の水環境が激変しますからね。

・水道をひねればごくごく飲める水が出る
・コーヒー、お茶、カップ麺をつくるにしても、水を使うものすべての美味しさが増す
・ペットボトルをやめることで年間30,000円は節約可能。

これ買わない手はないですよ。オススメすぎるので僕は家族や、周りの知り合いに購入して送りつけました(自費で笑)

 

 

Pick-up ペットボトルを捨てよ、水道水を飲もう。

 

ほか以下の製品を購入し使っています。
今年は、水→お茶、水→コーヒー、水@会社、水@家というクリンスイを中心としたエコシステムを築き上げてしまいました。

HARIO  かご網付き 水出し 茶 ポット

お茶っ葉を網の部分に水出しして冷蔵庫に保管しておけばいつでも飲める。おそらく1リットルあたり数円。網ごと取り外してお茶っ葉を捨てれるので手間がかからない。めっちゃ美味しい。

 

 

Pick-up HARIO (ハリオ) かご網付き 水出し 茶 ポット -Tumblr

コーヒー カラフェ  ドリップポット (800ML)

土日で約1週間分のコーヒーを作って冷蔵庫に貯蔵しておく。毎朝美味しいコーヒーが楽しめる。

 

 

Pick-up 名も無きコーヒーサーバー 800ml  -Tumblr

 

Mont-Bell クリアボトル 

クリンスイからの水をそのまま。もしくはHARIOからお茶をいれて会社に持っていく。夏場は1リットルのボトルがオススメ。サーモカバーをつけると水滴を気にせずにカバンへ放り込める。ほんとにペットボトルは買わなくなりました。

Pick-up (mont-bell)モンベル クリアボトル 500ml  -Tumblr

3in1 マルチ充電ケーブル 

僕はこの短いケーブル一本にすることで、カメラ/iphone/AirPods/PC/モバイルチャージャーなどすべての機器を充電できるようになり、会社員生活もプライベートも非常に身軽で心地よいものになりました。
今はケーブル周りの規格は過渡期にあると思います。まだmircoUSBもありますが、USBからUSB-Cへ、iPhoneやAirPodsはライトニングケーブルです。様々な規格のケーブルが溢れているいま、すべての端末に合わせてケーブルを持ち歩くことは理想的ではありません。

 

残念ながら、この型番はすでに廃盤のようで似たようなもの、さらにデザインのカッコいいものを探すのも楽しいかも。

 

 

AirPods ワイヤレスイヤホン

ここ数年で購入したApple製品で最も感動しました。実際にApple製品の顧客満足度No1の製品のようです。
一瞬でペアリングできるということ、コードがないことがここまで快適とは知りませんでした。一人くらしをしているとどうしても食器洗い、洗濯、掃除といった家事が発生するのですが、AirPodsをつけてオーディオブックやラジオを聞きながら作業することで時間の質を有意義なモノに転換することが出来ます。もしiPhoneユーザーでまだ使っていない人はマジでオススメ。
 

 

Pick-up  AirPod  iPhoneユーザーには本当に購入をオススメしたいワイヤレスイヤホン -Tumblr

 

iPhone AppleWatch ワイヤレス同時充電機

オフィスと自宅ににおいてiPhoneとAppleWatchの充電に使用してる無線充電器です。オフィスのような座る場所が決まっていてかつ打ち合わせなどでの離席も多いところに設置しておくと非常に便利です。これは問答無用で買ってよかった製品ですね。AppleWatchを卓上時計としても使えます。またiPhone8以降に採用されている無線充電Qiは使うと結構良いですよ。

 

Pick-up iPhone AppleWatch ワイヤレス同時充電機 -Tumblr

 

レオニス シワ伸ばしスプレー

1週間分のシャツを洗濯してアイロンをかけると少なくとも1時間はかかるのですが、このレオニスのおかげでシャツのアイロンをかけることがほとんどなくなりました。

この時間的心理的な開放感はすばらしく2018年に手に入れてよかったものの限りなく上位に入ります。マジで本当にオススメ。

 

 

Pick-up 【魔法】レオニス シワ伸ばしハンドスプレー シャツのシワ取りについて伝えたい

 

ほとんどレオニスで解決できますが、急ぎかつ、しっかりシワとりをしたい時はこちらを使用しております。>>衣類スチーマー 携帯小型スチームアイロン

 

SurfaceGo WindowsタブレットPC

2018年は実はMacbookProも購入したんですが、SurfaceGoとMacBookProどちらが自分にとって画期的な製品だったかについて改めて考えてみるとSurfaceGoです。つかっている時間は圧倒的にMacbookProだけどね。

SurfaceGoはいままで入り込めなかった使い切れていなかった細切れの時間まで、本当の意味で使えるようにしてくれた「真の端末」かな。と感じます。とくにテキストライティングをメインとするようなブログ書きさんやライターさんにはオススメしたくないほどの神端末だと思います。とくにUSキーボードが秀逸です。

 

Pick-up SurfaceGoはブロガーに絶対オススメしたくない神サブ機だ。

Pick-up SurfaceGo/ProはUSキーボードのタイプカバーがおすすめ。

 

 


 

以下はカメラ関係です。

 

今年は一気に機材を揃えました。ここからは完全な趣味領域ですので、注意です。(笑)

Pick-up  【実例】SONY Eマウント神レンズおすすめの揃え方 僕の考えた最強のレンズロードマップ

Pick-up 【本ブログ記事の総まとめ】カメラとα7について知りたかったらコレ。ノウハウ・アイテム・レビューの全まとめ

α7iii ミラーレス フルサイズカメラボディ

もともとαという反骨精神をビンビンに感じるカメラが大好きでα7iiを使っていたのですが、2018年に一気にα7iiiを2台導入しました。α7iiからの乗り換えだとびっくりするほどの進化を感じました。こういう進化を感じる瞬間て道具好きにはたまりませんね。よく「写真好き」の世界の住人は被写体が好き、カメラが好き、撮ることが好き、見ることが好きに分かれると言いますが、僕はカメラそのものと、撮ることが好きな人間かな?と思ってます。もちろん被写体も好きですよ。ええ(笑)

 

 

Pick-up 【超納得】α7Riiiかα7iiiを比較しどっちか迷ったらα7iiiを選ぶ決定的理由。

SEL85F18  85mm単焦点

画角には世界観があるのですが、よく言われる区切りが35mm・50mm・85mm。最近の世間のスマホは28mm相当の広角レンズが備わっているせいで世の中に超広角の画角が溢れすぎているんですよ。85mmでとった写真はそれだけで、「おっ」と思わせるような世界観があります。それなりに狭いので被写体と対峙して「切り取る」プロセスはとても楽しいですね。自分にあっています。すくなくとも自分を新しいステージに引き上げてくれたレンズです。

 

Pick-up 【SEL85F18】ソニーが価格設定ミスった?バランスの良い優良ポートレートレンズのレビュー

SEL24105G ズームレンズ

いわゆる便利ズームで2018年のたしか年初に入手しました。それまでの1年間は50mmの単焦点レンズしか使っていなかったので、これも間違いなく自分の表現力を一段引き上げてくれたレンズです。24-105mmの画角があり、描写非常に素晴らしいので撮影できる幅が一気に広がりました。ズームレンズはこれ1本あればたいていのことはこなせてしまいますよ。一番上にリンク貼りましたが、あとは単焦点レンズで揃えていくのが僕の機材戦略です。本当に頼もしく、素晴らしい一本です。

 

Pick-up 【SEL24105G】これ一本で本当になんでもできちゃうSONY α7の神ズームレンズ

NEEWERストロボ TT560

ストロボって初心者にとっては本当に敷居が高いんですよ。価格も高いし食わず嫌いで手が出ません。そして未知なるもので使うのが怖いんですよね。結局ストロボについて良く理解するためにはとりあえず購入してパシパシ光らせて遊んでみるに尽きるのです。いまはSONY純正 HVL-F43Mも使っておりますが、このNEEWERのストロボは破格のお値段で、その機会を提供してくれる本当に素晴らしい機材です!

 

 

Pick-up  SONY α7 ストロボフラッシュに格安¥3,000円「NEEWER TT560」が超オススメ
Pick-up 〜誰でもお家でスタジオ編〜 ¥10,000で最初に揃える超実践的簡易ライティング機材

 

 

以上です。


 

良かったら昨年の分も見てみてください…!

 

2017年買ってよかった!たったひとつのオススメのモノ、24選

 

2019年もどうぞよろしくお願いします!