海外旅行2泊3日の荷物持ち物準備について【実事例:台湾】

Pocket

海外旅行 2泊3日の持ち物をまとめる。

こんにちは。

台湾に2泊3日で小旅行に行ってまいりました。

2017年11月現在、ふりかえると既に24カ国36カ国を旅しています。もっとも多いパターンがこの1泊2日、もしくは2泊3日のパターン。

パッキングを”繰り返す”ことにより、必要なもの必要でないものが洗練され、ある程度ノウハウが溜まってきたので書き留めたいと思います。

私のコンセプトは「軽快感」です。

※なお、1週間の装備についてはこちらを参照してください。
>>海外旅行 1週間の持ち物(アジア周遊編)

 

追記 2週間南米横断編も追記しました。最もリッチな装備です。

>>海外旅行2週間〜4週間の荷物持ち物準備について【実事例:南米横断】

 

2泊3日のパッキングのポイントとコアアイテム

基本的なノウハウは1週間ver、2週間~verと同じです。
そのアイテムをさらに絞りこんだ2泊3日(1泊2日もほぼおなじ)版のこれが僕にとって最もコンパクトな旅の基本形。

最軽量パッキングのポイント

・13リットルの超軽量リュックを使うこと
・アメニティをさらに小分け、断捨離する(ほとんど必要ありません)
・タオル類は持っていかない。(どの日数でも同じです)
・着替えでもっていく衣類を大きく減らす (Tシャツ4枚から2枚へ、ショートパンツなど部屋着も無し)

極限まで軽量×小型なパッキング(≒必要があるか必要がないかという思考訓練)を繰り返せば繰り返すほど、自分がほんとうに生きていくためには何が必要なのか?またモノの価値とは何なのか?がわかってくる気がする。

同時に自分のシステムを構築しているコアについても気づくことができた。

システムを構築する大きな要因(コアアイテム) 2つ

・強力なアウター装備の決定
…The North Face Climb very light JKT + UltraLightDown

最も軽く、最も機動性/汎用性が高い
真夏の東南アジアに行った時も、氷点下のヒマラヤ山脈に行った時も同じ装備。

・優秀なオーガナイザーの登場
…mont-bell トラベルキットパックL + GREGORY ファンブルポーチM

アメニティや薬は全てキットパックへ電子機器類はすべてポーチへ入れて管理する

この2つによって僕の旅のパッキングは加速度的に軽量、機能的、まとまりの良いものに変わった。

特にモンベルのトラベルキットパックは大変に秀逸でどんな期間でもアメニティ類をすべて機能的にまとめあげることができる。

洗面所、シャワーなどこれだけもっていく。フックで引っ掛けっぱなしにしておくと置く所もできて便利なのだ。

実際の装備 台湾2泊3日版

<バックパック>

・mont-bell デイバック ポケッタブル ライトパック 13

このバックパックは重さわずか174g、
軽量な素材を使用し、1気室+ポケット×2のシンプルな軽量デイパック。
コンパクトに収納できるので、サブザックとしての使用にも適している

バックパック経験も比較的長くなってきた私から見ても大変よく考えられて作られている。
たとえば中の小ポケットがパスポートがぴったりはまるサイズであったり、外にボトルホルダーが設定されていたり。(以外とファスナーを開けるのはめんどくさい)

基本的にはメインのバックパックやスーツケースの中に忍ばしておき旅行先、出張先についたときに街歩きの用途で抜群に使いやすい。
13リットルもあれば2泊3日程度の装備は十分に収納してしまう。心配なら18リットルverもあるのでそちらがオススメだ。

<衣類>

衣類は最も重量や軽快感に影響を与える。
上述したが早めに自分のシステム(防寒性能×軽量×小型パッキング性能)を構築しよう。

2泊3日程度なら、部屋着は持っていかない。

・THE NORTH FACE Climb Very Light Jacket ★紹介記事

・UNIQLO UU ルメール ウルトラライトダウンジャケット

・GU Tシャツ×2、下着×2、靴下×2

・ALTORITMO: COOLMAX パッカブルパンツ ★神

・Amazon.co.jp限定  衣類圧縮袋 M  ★圧縮袋で一番オススメ、Mサイズ複数枚利用でキレイ、キタナイを分けるが賢い。

タオル類に関しては、軽量化しようとするなら一切もっていってはダメだ。速乾タオルでシャワー後、洗面などはバンダナで対応する。

・マイクロファイバー速乾タオル XS

絞って何度も使えるので、サイズはSでOK

・バンダナ×2枚

100均に売っている。

<デジタル機器>

一眼カメラ。α7はフルサイズセンサーを搭載し圧倒的表現力を持ちながら軽量で非常にコンパクト。どこまでもバックパッカー向けと思う。

もしこれから旅行にカメラを持っていこうと考える人にオススメするならα6000がよいと思う。

・SONY ミラーレス一眼 α7 II ILCE-7M2

・レンズSEL50F18F

・ワンタッチレンズキャップII

・GoPro ウェアラブルカメラ HERO5 Black CHDHX-502

 

こまごました電子機器はすべてポーチにいれて収納している

・GREGORY ファンブルポーチM コットンウッドカモフラージュ

・海外用変換プラグ サスケ

★本当に全世界これ一つでOK。そして私の見てきた限りもっとも軽量コンパクト。

細長く平べったいのでかさ張らないのだ。迷ったらこれを。

・タコ足コンセント

→こちらの記事でUpdateした 海外旅行2週間〜4週間の荷物持ち物

・Anker PowerCore 10000 

10000mAhで最小最軽量モバイルバッテリーだ。Gopro、一眼を使わないなら〜5000mAhで十分だ。

・100均 カールコード式USBケーブル改造品

・Aimus ライトニング ケーブル 1.8M

★オススメこれまで使ってきたライトニングケーブルの中で最も信頼度が高い。

・Gopro予備バッテリー

・α7予備バッテリー

 

<身の回り品>
・パスポート
・国際運転免許証

・mont‐bell スリムワレット メッシュ

普段使っている財布は持っていかない方がいい。嵩張って財布の位置がバレるし紛失のリスクが高い。
常にいろいろなメーカーのものを空港のアウトドアショップなどでチェックしているがこれよりよさそうなものは未だない。
値段も1000円を切っているので気分も軽くなれる。

・超薄型折りたたみ傘

傘も日本で購入したもの、海外で購入したものといろいろ使ったがコレが良かった。
軽くコンパクト 他の折りたたみ傘と違い平たい形状なのでバックにいれたときの収まりが◎

傘は必ず持っていこう!

・ABUS可変式南京錠145 20mm

ロック錠 100均でうっているものは購入しないこと。力だけで簡単にあけることができる(自分ですら開けれる)
デザイン、質感、使いやすさが良くてお値段もお手頃ばこれがオススメ。

また南京錠だと鍵をなくすことがあるのでナンバー式がいい。

・最軽量×最小型メガネケース

 ★紹介記事 意外とメガネケースは嵩張るのだが、これだとスリム。

・G-SHOCK  DW-5600E スピードモデル

・アジア周遊SIMカード 3GB 8日間 4G/3G SIM2Fly

 ★紹介記事 もしアジア圏の対応している国に行く場合は事前に購入しておくのが絶対オススメ!

・iphone6S SIMロック解除

・三菱鉛筆 uni ジェットストリーム

・クレジットカード×2枚

<アメニティ>
・mont-bell トラベルキットパック L ★アメニティグッズ、薬など全て収納

・超コンパクト歯ブラシ

普通の半分の大きさの歯ブラシである。モンベルのトラベルキットパックに完璧に収まる。

・アミノバイタル など

長距離のハードな移動や、激しいアクティビティの後にコレを飲むと驚くべきほど楽になる。

 

・日焼け止め

 

以上で全装備重量で2.9kgでした。一眼レフ単体で1kg近くあること、Goproなどを使わない方は1kg前半でパッキングが可能だと思う。

今回、1週間版とくらべて持っていっていないアイテムは

−爪切り、ヘッドランプ、サングラス、撮影機器 程度

私の場合日数に合わせて変化するのは、衣類(インナー側)の量、リュックの大きさがほとんどであり基本的な装備は大きく変わっていない。

将来的に2週間~Ver、旅のノウハウを全て詰め込んだフル装備についても書き記す予定です。(実は1年ほどまえにすべての持ち物をブツ撮りしているのですがまとめる時間がなく、、、)

※帰国して早速電源周りを見直しました。

 

まだまだ、自分の信ずる旅のスタイルを追い求め、身銭を切り挑戦⇛失敗を繰り返しノウハウをまとめて行きたいと思いますので、引き続きご笑覧いただけますと幸いです。

以上 身軽な良い旅を。

Pocket