海外旅行1週間の荷物持ち物準備について【実事例:東南アジア5カ国7都市周遊】

Pocket

2017年10月7〜15日の1週間で、東南アジア5カ国7都市(タイ−バンコク、ベトナム−ハノイ、シンガポール、マレーシア−ペナン,KL,KK、インドネシア−バリ)を回る旅をした。

この着想を得るきっかけとなったのが二つある。

オランダのフラッグ・キャリアKLMにCityhopper という路線(正確には会社)が存在する。比較的小型で小回りの効く機材を使用しLCCと言わないまでも簡易的なサービスKLMのネットワーク、ハブ空港としてオランダスキポール空港の地の利を活かし欧州各地をつないでいる。これに実際に乗った体験が軽快で印象的であった。

また、もともとアイランドホッピングといって沖縄那覇であるとかまたはマレーシア、フィリピンを基点にしてセスナやフェリーで南国の島と島を自由気ままに移動する遊び方がある。

僕はこれを東南アジアの都市と都市というスケールで実現したいとおもった。

大切なのは「軽快感」だ。

見たいと思った景色、味わいたいと思った物、会いたいと思った人。
軽快であることは全てを可能にすると僕は信じている。

日本に帰国し1週間。やっとその荷物の片付けに手をつけた。

備忘録として、ここに実際の装備を記したい。

・coleman ブリーズ40(廃番)メインバックパック
・mont-bell デイバック ポケッタブル ライトパック 13  サブバックパック
・UNIQLO UU ルメール ウルトラライトダウンジャケット
・THE NORTH FACE Climb Very Light Jacket ★紹介記事
・mont‐bell スリムワレット メッシュ
・超薄型折りたたみ傘
・100均 マルチカードホルダー
・GU Tシャツ×3、ロングTシャツ×1、ショートパンツ×1、麻パンツ×1、下着×4、靴下×3
・Amazon.co.jp限定  衣類圧縮袋 M  ★圧縮袋で一番オススメ
・FEIYU TECH SPG 3軸 ハンドスタビライザー ジンバル
・SONY ミラーレス一眼 α7 II ILCE-7M2
・レンズSEL50F18F
・ワンタッチレンズキャップII
・GoPro ウェアラブルカメラ HERO5 Black CHDHX-502
・YOMODA カードリーダー  ★紹介記事
・ABUS可変式南京錠145 20mm
・木屋 爪切り 黒(小サイズ) ★銘品
・SWISS+TECH ユーティリティー キー型マルチツール  ★驚きの¥36
・最軽量×最小型メガネケース
・紙サングラス ドイツ製
・パスポート
・国際運転免許証
・G-SHOCK  DW-5600E スピードモデル
・アジア周遊SIMカード 3GB 8日間 4G/3G SIM2Fly ★破壊的可能性あり(別記事予定)
・iphone6S SIMロック解除
・三菱鉛筆 uni ジェットストリーム
・クレジットカード×2枚
・mont-bell トラベルキットパック L ★アメニティグッズ、薬など全て収納
超コンパクト歯ブラシ
押すだけベープ
アミノバイタル など
・日焼け止め
・マイクロファイバー速乾タオル XS
・バンダナ×2枚
・mont-bell コンパクト ヘッドランプ
・mont‐bell クラッシャブル ランタンシェード
・海外用変換プラグ サスケ ★全世界これ一つ
・タコ足コンセント
・Anker PowerCore 10000 (10000mAh 最小最軽量モバイルバッテリー)
・100均 カールコード式USBケーブル改造品
・Aimus ライトニング ケーブル 1.8M ★オススメ
・Gopro予備バッテリー
・α7予備バッテリー
・GREGORY ファンブルポーチM コットンウッドカモフラージュ

 

以上で5kg後半の装備重量となる。

僕は別にミニマリストという類の人間ではないが、日常生活のもちろん、バックパックにつめ背負うモノはなおさら、必要である理由、持ち歩く意味、なぜこのアイテムで無ければいけないのか。その説明できないモノは何一つとして存在しない。持っていない。
僕はこの荷物をまだまだ非常に重たいと感じている。一年ほど前から旅に一眼レフをもっていくようになり、僕の荷物重量は一気に増えた。それまで東南アジアなどの半袖半ズボンで移動できる場所を訪問する際の装備重量は3〜4kgほどであった。

 

Pocket